正しい姿勢は何もしないことで手に入る

2011年3月10日
フェルデンクライス・ライブラリー『自己の力∨精力善用』第26号『第12章:正しい姿勢は何もしないことで手に入る』について

正しい姿勢について、フェルデンクライス博士は明確に結論づけます。
さらに、レッスンをするにあたっての注意事項を細かく説明します。


随意的にコントロール可能な筋肉群と関節群のそれぞれを正しく認識し修正することで、

そしてこの結果生じる私達が昔は気がつかなかった特定の行為をしない能力で、

身長は伸び、より真っすぐになり、関節群と背骨と頭は理想的な配置に向かう。

身体がますます軽く感じて、ついには空中を歩いているような感じがするものだ。

モーシェ フェルデンクライス



理想的な立っている姿勢は自分に何かすることで得られるものではなくて、
むしろ文字通り何もしないことで手に入るのだ。

モーシェ フェルデンクライス

そして、フェルデンクライスのレッスンで起きる新しい行動モードへの準備と変化を持続するために、具体的な事柄を説明します。

以外に感じる方もいるかもしれませんが、レッスン前にしておくべき便秘の対処法まで説明しています。



第12章:正しい姿勢は何もしないことで手に入るの目次

[第12章−6:交差性動機を取り除くと理想的な骨格配置になる]

[第12章ー7:正しい姿勢と間違った姿勢]

[第12章−8:不適切な姿勢は遺伝ではない]

[第12章ー9:悪い姿勢の原因]

[第12章−10:意志は姿勢を正さないが、外見を変える]

[第12章ー11:ある少女の例]

[第12章ー12:新しい行動モードへの準備と変化を持続する支え]

[第12章−13:足のケア]

[第12章ー14:便秘の対策]

[第12章ー15:食習慣の改善]

[第12章ー16:匂いの対策]

[第12章ー17:より良いコントロールと連動性を学ぶ]

フェルデンクライス ライブラリーの詳細とお申し込みはこちらを御覧下さい。
→ フェルデンクライス ライブラリー バックナンバー


 | フェルデンクライス 姿勢


フェルデンクライスのレッスンなら→
フェルデンクライス レッスン 情報へどうぞ!

バックナンバーのお申し込みはこちらから
フェルデンクライス ライブラリー バックナンバー

フェルデンクライス個人セッションのご予約はこちらから

正しい姿勢の四つの法則

2011年3月 6日
正しい姿勢には4つの特徴があることをフェルデンクライス博士は見つけます。

1努力の不在 

2抵抗の不在 

3可逆性の存在 

4呼吸の指標

動作をするときに、この4つの法則に注意します。
この法則を使って正しい姿勢を学ぶわけです。

さらに、フェルデンクライス博士はときどきある

気がついてみると心の気楽さと幸福感と一般的に同時に起こる独特の状態にいる

ということを理解するために、そして自分に人間の枠組みの機能にもっと明確なイメージを与えるためには、人間の骨格の特徴と筋肉構成の機能の重要な事柄を説明しています。


フェルデンクライス・ライブラリーより『自己の力∨精力善用』第25号『第12章:正しい姿勢の4つの法則』について

第12章:正しい姿勢の4つの法則の目次

[第12章ー1:姿勢の妥当性は行動の結果に∨方法に注目するかで変わる]

[第12章−2:悪い姿勢の問題点:喘息の患者]

[第12章−3:正しい姿勢の学び方:正しい姿勢の四つの特徴(法則)]

[第12章ー4:人間の骨格の特徴]

[第12章ー5:首とふくらはぎの筋肉構成の機能]

フェルデンクライス ライブラリーの詳細とお申し込みはこちらを御覧下さい。
→ フェルデンクライス ライブラリー バックナンバー


 | フェルデンクライス 姿勢

自分の道と意志と姿勢

2011年2月13日
フェルデンクライス・ライブラリーより『自己の力』第22号『第10章:行動と抑制と疲労②』について

自分の意志を貫きたい、

自分の人生を歩もうとして既成の道から外れて自分の道を歩きたい

と多くの人が一度は考えるようです。


そして、勇敢にも既成の道から外れた人は成功する場合もあれば失敗する場合もあります。


ここでモーシェ・フェルデンクライス博士は

自分の人生を歩もうとして、勇敢に踏みならした道から外れた人達が失敗した原因を分析します。

そして、どうすればよいのか説明します。

さらに、前回のフェルデンクライスレッスンでどのように新しい行動パターンの形成と定着されるのかに続き、ここで行動を理解するために行為の言語化がどのような意味をもつのかが明確になります。



自己の最悪の使い方がこれらのしきたりにとらわれない人達に見つけられる。

このような人達は少なくとも人間活動の一つの面で、自分に与えられた手本に従わなかったが、数々の新しい方法を試しては失敗してしまったのだ。

 数ある新しい道を歩ためには大胆不敵さだけが必要なわけじゃないんだ。知識も必要なんだよ。

 モーシェ・フェルデンクライス


第10章:行動と抑制と疲労①目次

[第10章ー7:意志力の誤った使い方が姿勢を悪化させた]

[第10章ー8:思い切って踏みならしたから外れた人達の苦しみ]

[第10章ー9:偉人伝と偉大な苦しみを抱えた人の連鎖]

[第10章ー10:行動の仕組みの理解]

[第10章ー11:理解するための行為の言語化について]

フェルデンクライス ライブラリーの詳細とお申し込みはこちらを御覧下さい。
→ フェルデンクライス ライブラリー バックナンバー

 

 | フェルデンクライス 姿勢

戦争はなぜ起きるのだろう?

2011年1月25日
フェルデンクライス・ライブラリーより『自己の力』第17号『第8章:欠陥のある姿勢と行動』について

モーシェ・フェルデンクライスは幼いころから戦争に巻き込まれてきました。
The Potent Selfはちょうど第二次世界大戦が終わったころ書かれたものです。

今回の内容で、フェルデンクライス博士の冷静な語り口の中にもう戦争を無くしたいという切実な思いを感じるのはたぶん私だけではないでしょう。

姿勢の形成の仕方が戦争の形成と同じだなんて言われたら、笑ってしまうかもしれませんね。でも、じっくり読んでもらえば、単なる楽観主義者だなんていえないとわかると思うのです。

モーシェ・フェルデンクライスはナチのパリ侵攻の際にはキューリー研究所の放射能の基礎実験資料をナチに利用されないように、ジュリオ・キューリーの頼みでイギリスに運びます。

そのときに負った怪我が最も大きな痛手としてモーシェの膝を駄目にします。それが後のフェルデンクライス・メソッドの始まりになるわけです。

本書を書きながら、モーシェ・フェルデンクライスは争乱の中で青春時代を過ごした現イスラエルに戻り、アレクサンダー ヤナイでレッスンを20年以上することになります。

中東戦争が始まり、頭の上でミサイルが飛び交う中でレッスンを続けて、レッスンの終わりにはよく「イスラエルに平和を」って言ってレッスンを締めくくっています。

平和と言う単なる言葉を唱えるだけでなく実践の道を進もうという熱い思いが冷静な文章であるがゆえにいっそう伝わってくるように思えます。



第8章:第8章:欠陥のある姿勢と行動の目次

[第8章-5:姿勢は感情を表現する]

[第8章-6:強迫状態を示す姿勢の実例]]

[第8章-7:成長と姿勢形成]

[第8章-8:家族秩序が行動を作る]

[第8章-9:自己に対する思い込み]

[第8章-10:統合力/世界の平和に]

お申し込みはこちらへ
フェルデンクライス ライブラリー バックナンバー


 | フェルデンクライス 姿勢

正しい姿勢とは

2011年1月19日
フェルデンクライス・ライブラリーより『自己の力』第16号『第8章:欠陥のある姿勢の起源』について

正しい姿勢だよねとか姿勢を良くしたいって良く聞きますよね。
姿勢ってなんのことを指しているのでしょう?

「あの人は勉強に対する姿勢がいいね!」なんて昔はよく聞きました

これは別に肉体の形だけを言っているわけではありませんよね。むしろ心構えのことですよね。
フェルデンクライス・メソッドでは、姿勢はその人全体を見る認識の仕方のことを言っています。

以前、三期生のトレーニングコースに遊びに行っていたときのことです。フェルデンクライス・メソッドのトレーナーのイボン・ジョリ先生が生徒さん達に心と体を区別しない見方をする言葉って日本語にない?って聞いていました。

みなさんならどう答えますか?そのときは生徒さんから反応がなかったので話はそのまま流れていったと思います。

先生って反応がないとその話題は生徒には興味がないか、すでに理解しているって思うことが多いものです。その場にいた私もみんな当然知っていて、他の例を考えているんだろうなっと思って見てました。

でも、最近ひょっとして知らないかもって、正確に言えばそのような発想をしたことがないかもしれないって思うのです。そしてイボン先生自体もその答えを知らないで本当に聞いたのかもしれないってねもちろん、イボン先生に聞いてみないとわからないのですがね。

だとしたら、日本から発信しといた方が良いだろうと...直接メールは送らないけど

Dear Yvan Joly sensei

I think Moshe Feldenkrais might have translated the acture from a Japanese word of sisei . This sisei is a somatic word!

Yours respectfully,
Sawada

時間経ち過ぎだねボトルメールってことにしておきます。

フェルデンクライス博士は心身一元性(somatic word)の概念を表す言葉として、日本文化(柔道)から姿勢の概念を導入します。日本語の姿勢という言葉からactureという造語を定義します。失われてしまったであろう日本文化の物の見方を日本文化で育った私達が再発見することになる!はず(^-^)

フェルデンクライス・メソッドに心と体を区別しない見方をするソマティク・ワードが実は日本文化から導入されていたことは驚きです。

驚いてね!

どうやって気づくのかを語る姿勢編のスタートです。実践理論に進みます!

第8章:姿勢の欠陥の根源の目次

[第8章-1:姿勢とは]

[第8章-2:姿勢の欠陥の原因は感情の興奮度合いにある]

[第8章-3:正しい姿勢とは]

[第8章-4:悪い姿勢の成り立ちと改善]

お申し込みはこちらから
フェルデンクライス ライブラリー バックナンバー


 | フェルデンクライス 姿勢

にほんブログ村 健康ブログ フェルデンクライスメソッドへ
にほんブログ村
RSS2.0