目的は自分が本当に望んでいることは何かを発見すること

2012年2月 9日
フェルデンクライスによる丹田の使い方は自分が本当に望んでいることは何かを発見することにつながるということ、つまり

丹田の使い方の実践をどのように心の領域に生かしていくのかの説明となります。
そして、実践法です。

そして、年齢の問題と個人と全体のどちらが重要なのかという議論も展開します。

フェルデンクライスの特に個人セッションで、レッスンの最後に立ち上がらせる動作を誘導することが多いのですが、なぜそうするのかという本当の理由が分ることでしょう。

椅子やベットから立ち上がることにこんな意味があったのか!っときっと驚くと思いますよ
意図や理由が明確になるとさらにレッスンの効果が上がると思うのです。

78932544.jpg

目的は自分が本当に望んでいることは何かを発見することだ。
by モーシェ フェルデンクライス

丹田のコントロールが起きるときのあらゆる自発的な正しい行動の中に知る普遍的な態度を引き出すことができると感じられる。

ミュージシャン、ダンサー、そして表現の手段として筋肉の技量を使う一般の人達は
下腹部のコントロールを体系的に使うことで、自分の学習期間が相当短くなり、さらに技のレベルが自分が目指すことができるレベルまで高められることが分るだろう。


by モーシェ フェルデンクライス

『自己の力∨精力善用』第40号『第18章:小さな哲学』の目次。

[ 第18章−1:丹田のコントロールを使って動機を単純にする

[ 第18章−2:自分が本当に望んでいることを見つけること

[ 第18章−3:自己主張と自己放棄

[ 第18章−4:自己の領域

[ 第18章−5:自己コントロールと放棄

[ 第18章−6:椅子から立ち上がる

[ 第18章−7:丹田のコントロールのシステム


フェルデンクライス・ライブラリー
『自己の力・精力善用』
お申し込みはこちらから
フェルデンクライス ライブラリー バックナンバー


 | フェルデンクライス 心理学


フェルデンクライスのレッスンなら→
フェルデンクライス レッスン 情報へどうぞ!

バックナンバーのお申し込みはこちらから
フェルデンクライス ライブラリー バックナンバー

フェルデンクライス個人セッションのご予約はこちらから

自己表現と自己主張

2011年9月 1日
ballet.jpg

現代社会では積極的に自分を理解してもらわなくてはいけないことが多いものです。

セルフマネージメントアサーティブ・トレーニングが流行っていたりもします。

コミュニケーションに悩む人達も多いのでしょう。

自己をどのように主張していくのか?
それは社会の仕組みと関係が深いことは知られています。

でも、自己主張と自律神経の働きにも深い関係があることが今回のテーマです。
心の問題は身体の問題と分けて考えることはできないことが理解されることでしょう。

さらに性の問題とも関係してもいます。

興奮すると思考がぐるぐる回って止まらない理由も明らかになるでしょう。



『自己の力∨精力善用』第35号
『第16章:自己主張と生理機能②』

フェルデンクライス・ライブラリー
『自己の力・精力善用』
お申し込みはこちらから
フェルデンクライス ライブラリー バックナンバー

 | フェルデンクライス 心理学

性と自己主張と自律神経

2011年8月31日
フェルデンクライス メソッドの秘密の知識に関する説明となります

秘密なので多くは書けません(^_-)-☆



『自己の力∨精力善用』第34号
『第16章:第16章:生理機能と社会秩序①』

第16章:生理機能と社会秩序①の目次

[ 第16章−1:環境条件を考えることの大切さ]

[ 第16章−2:劣等感の成立条件]

[ 第16章−3:と争い]

[ 第16章−4:と自己主張]

[ 第16章−5:と自己主張と交感神経]

[ 第16章−6:自律神経系の拮抗作用]

[ 第16章−7:セルフコントロールとは自律神経のバランスコントロールのことだ]

[ 第16章−8:性行為と副交感神経]

[ 第16章−9:自律神経系の誘導現象]

[ 第16章−10:自律神経系のバランスのくずれ]

[ 第16章−11:自律神経系の内臓器官への分布]

[ 第16章−12:自律神経系をコントロールすることを学ぶ]


フェルデンクライス・ライブラリー

自己の力・精力善用
お申し込みはこちらから
フェルデンクライス ライブラリー バックナンバー

 | フェルデンクライス 心理学

不安感を解消するには

2011年2月26日
フェルデンクライス・ライブラリーより『自己の力∨精力善用』第23号『第11章:不安感解消への再調整①』について

フェルデンクライス・メソッドは不安感を解放する方法論です。
でも、その戦術を知らなければ、有効に働かないでしょう。

ただ動いていても一定の効果はあるでしょうが、理解がなければその効果でさえ偶然の中に埋没してしまうと思います。

モーシェ・フェルデンクライス博士は

真の大人にならしめる成熟に至るステップを三段階に分けて、成熟とは何かを明確に示します。

フェルデンクライス・メソッドでいう
成熟とは習慣的行為から感情内容を分離すること
です。

重要な点は強迫性は各人の学習期間の経過の中で秩序だって教え込まれたまさにその事柄であり、他方では特定の対象や行為から感情の中身の解放という成熟の過程は成り行きに任せられているということだ。 by モーシェ・フェルデンクライス


第11章:不安感解消への再調整①目次

[第11章ー1:医者の手法]

[第11章ー2:カウンセラーの手法]

[第11章−3:授乳期]

[第11章ー4:会話と歩行開始期]

[第11章−5:思春期]

[第11章−6:経済的独立期:強迫性の本質と解放を阻害している要因

[第11章−7:現在の教育の仕方の誤り]

フェルデンクライス ライブラリーの詳細とお申し込みはこちらを御覧下さい。
→ フェルデンクライス ライブラリー バックナンバー



 | フェルデンクライス 心理学

動機とは、条件反射とは、神経症って何?

2011年1月14日
フェルデンクライス・ライブラリーより『自己の力』第8号『第3章:動機と行動/行動パターンの分類』について

 神経生理学の説明が本格的になってきましたね(^^;)ちょっと復習です(^^)/

動機とはやる気や意欲という意味がありますが、ここでは

動機(行動のきっかけ)を脳から発する神経インパルスの脳部位の異なる部分からの発端、種類、経路のこと

と定義しました。

心の働きと体の動きを一つの実体ある神経系の機能であると提唱し始めています。
つまり心身一如あるいは心身一元性(論)です。心と体を関連する別の実体と考える心身二元論ではないということですね。

「私の体は賢いが頭で考える事は間違えている」とか、「心の方が体より上である」とかの階層構造を想定しないわけです。

例えば、「やる気はあるんだけど体が動かないんだ」とか言うとき、この気分をどう理解したら良いでしょう。

何か報酬を与えますか?罰を?それとも別の何かがあるのでしょうか?

たぶん読み進めるうちに明確になるのでしょうね。

そう、ここにフェルデンクライス・メソッドがいわゆるボディワークと根本的に違う点があるのです。体から心にアプローチするのではないのですよ。だからSomatic Educationなわけです(^-^)

ね!面白いでしょ(^-^)ちょっと難しい内容ですけど、じっくり取り組んでみましょう。

今回は意識している行動を単一の動機にするために、行動を三種類に分類します。

反射行動、習慣と条件付け行動、周期性定型化行動(神経症性行動)です。

混乱したら具体例を考えてみましょう!
身近な誰かとか!ひょっとして自分かも(^^;)

今回の内容の目次

[第3章-7:古典的条件反射理論の説明]

[第3章-8:神経症患者の定型化行動は反射行動でも習慣行動でもない]

[第3章-9:動物における神経症患者の定型化行動に似た実例]

[第3章-10:定型化行動は低次神経中枢の特性のため持続するようだ]

[第3章-11:ハトに人工的に 周期性定型化行動を作り出す実験]

[第3章-12:意識している行動をはっきりと認識されたただ一つだけの動機と一致させる]

[第3章-13:実例:暗に動機に敵意を含めて質問する人、世間が悪い?]

[第3章-14:単純な動作でさえ一つの動機となる必要がある]

姿勢と心理学

 | フェルデンクライス 心理学

現代心理学は感情を古典力学のエネルギ−に喩えることから始まった

2011年1月11日

scissorsフェルデンクライス・ライブラリー第三号『序論2:現代心理学は感情を古典力学のエネルギ−に例えることから始まった』についてです。

第三号はジグムント・フロイトから始まった心理学フロイトをよく知らない現代人にどのような影響を与えているかが解説されます。

心理学を知らないから、無垢な心で人の心を考えられるというより、

keyフロイトから始まる心理学に影響されていることに気がつかないと、ひょっとすると知らず知らず特定の思考パターンで考えている

かもしれないということ

そして、
good「言葉の定義を明確にすること」学習の原則が語られます。
トム・クルーズが学習障害を克服するためにした方法と共通する点があると思います。
簡潔なお話ですが、重要な事柄ばかりですね。happy02

姿勢と心理学

 | フェルデンクライス 心理学

まわりの人を愛するように自分を愛しなさい

2011年1月 9日

フェルデンクライス・ライブラリー第二号『序文:汝隣人を愛するがごとく汝自身を愛せよ』についてです。

第二号はフェルデンクライスをやっている人達には有名なお話から始まり、その意味が説明されていきます。

mobaqむかし、むかし、賢者ヒレルに聖書の教えを簡単に説明に説明して下さいと尋ねた人がいました。

flair賢者ヒレルは「自分を愛するように、まわりの人を愛しなさい」と答えました。

さて、時はすぎモーシェ・フェルデンクライス

key自分を愛するものだけが、まわりの人を愛せる

と言います。

この素敵な言葉の言い回しだけでなく、それに込められた意味を知りたい方に!

私はちょっと内気なのかしら?なんて悩んでいる私の様な(どこがじゃbleah)人達に!

そして、あるがままで生きようと歩き出している人達に!

きっと、応援してくれるような内容です。

姿勢と心理学



 | フェルデンクライス 心理学

トラウマ

2011年1月 8日
フェルデンクライス・ライブラリー第一号『序文:トラウマ』についてです。


内容を理解するために、説明を加えておきますね。\(^^)/ フェルデンクライス博士の講義や文章は英語圏人達にとっても内容を理解する事は難しいわけです。その理由の少なくとも一つを、たぶん、多くの人達にとってあまりにも当たり前なので気がついていないと思うのです。

フェルデンクライス博士は特に文章で説明するときに、帰納的発見を演繹的に説明して具体例を挙げることが多いのです。単純に言えば、見つけた法則(公式)を数学の証明のように示して、公式が使える例を挙げるということですね。

つまり、みなさんが高校一年生のころ数学や現代文の読解で教わった論理ってやつです(^^;)
読解の助けとなるように、少しずつ解説していきます。

一回目『とりあえず、論理記号を覚えましょう!』

または=or=論理記号では∨
かつ=and=論理記号では∧
ならば=If~then=論理記号では〜⇒〜(含意=implicationと呼びます)


この三つだけ知っておいてくださいね。



 | フェルデンクライス 心理学

フェルデンクライス・ライブラリーの創刊にあたって

2011年1月 8日
イルカは人にインスピレーションを与える動物だそうだ。でも、イルカは肉食だよね。プレデターで狩人なんだ。非捕食者とおなじように狩りに失敗すれば、命を落とすことだってあるし、徐々に弱っていくでしょ。

知識を得るってことも同じ気分だと思う。どうも誰かが育ててくれた牧草地に生えている草をハミハミ食べている感じじゃない。忍耐強さと積極性が必要なんだ。

フェルデンクライス博士は1950年ごろフェルデンクライス・メソッドを確立した言われるのはなぜだろう?

この頃、第二次世界大戦が終了し、嘉納治五郎との約束を果たすべく書いた柔道の本が出版され、その後ベストセラーになるBody and Mature Beheviorが書かれた時期だからなんだ。つまり、この時期にフェルデンクライス・メソッドの戦略的実践理論が具体的に確立されたんだ。

この時期に書かれた身体の動きと心理に関するとても重要な本が存在する。この時代の人達には受け入れられないなっと考えて出版されなかった本、フェルデンクライス博士の死後最後に出版された本、その本がThe Potent Self

この本の題名を『自己の力あるいは精力善用』と訳そう。自己の力は読めばすぐに納得すると思うし、最後まで読めば精力善用も納得してもらえると思う。この本には実名こそでないけれど、フェルデンクライス博士の出会った多くの人物が登場するからね。

この本はフロイトから始まる近現代の多くの心理学や生理学の説明を経て詳しい理論と実践は今や世界のフェルデンクライスのプラクティショナーだけでなく、様々な心理療法やボディワークそして音楽やダンスやアスリートのトレーナー達にも影響を与え続けているんだ。

知識の荒野に乗り出してみませんか?知+識の狩人を募集します。
自己の力』を読みます

フェルデンクライス ライブラリー バックナンバー

 | フェルデンクライス 心理学

にほんブログ村 健康ブログ フェルデンクライスメソッドへ
にほんブログ村
RSS2.0