目的は自分が本当に望んでいることは何かを発見すること

2012年2月 9日
フェルデンクライスによる丹田の使い方は自分が本当に望んでいることは何かを発見することにつながるということ、つまり

丹田の使い方の実践をどのように心の領域に生かしていくのかの説明となります。
そして、実践法です。

そして、年齢の問題と個人と全体のどちらが重要なのかという議論も展開します。

フェルデンクライスの特に個人セッションで、レッスンの最後に立ち上がらせる動作を誘導することが多いのですが、なぜそうするのかという本当の理由が分ることでしょう。

椅子やベットから立ち上がることにこんな意味があったのか!っときっと驚くと思いますよ
意図や理由が明確になるとさらにレッスンの効果が上がると思うのです。

78932544.jpg

目的は自分が本当に望んでいることは何かを発見することだ。
by モーシェ フェルデンクライス

丹田のコントロールが起きるときのあらゆる自発的な正しい行動の中に知る普遍的な態度を引き出すことができると感じられる。

ミュージシャン、ダンサー、そして表現の手段として筋肉の技量を使う一般の人達は
下腹部のコントロールを体系的に使うことで、自分の学習期間が相当短くなり、さらに技のレベルが自分が目指すことができるレベルまで高められることが分るだろう。


by モーシェ フェルデンクライス

『自己の力∨精力善用』第40号『第18章:小さな哲学』の目次。

[ 第18章−1:丹田のコントロールを使って動機を単純にする

[ 第18章−2:自分が本当に望んでいることを見つけること

[ 第18章−3:自己主張と自己放棄

[ 第18章−4:自己の領域

[ 第18章−5:自己コントロールと放棄

[ 第18章−6:椅子から立ち上がる

[ 第18章−7:丹田のコントロールのシステム


フェルデンクライス・ライブラリー
『自己の力・精力善用』
お申し込みはこちらから
フェルデンクライス ライブラリー バックナンバー


 | フェルデンクライス 実践


フェルデンクライスのレッスンなら→
フェルデンクライス レッスン 情報へどうぞ!

バックナンバーのお申し込みはこちらから
フェルデンクライス ライブラリー バックナンバー

フェルデンクライス個人セッションのご予約はこちらから

丹田を使うための練習法

2012年1月25日
丹田の使い方の実践です。
いよいよ核心です。

ついに丹田のコントロールの仕方の練習法の詳しい図入りのやり方(ATM)までたどり着きました。
一部FI の技法も入っています。

扉は開かれました、後は実践あるのみです!
そして、皆さんが丹田のコントロールの使い方を身につけて、伝承していっていただければいいなと考えています。

フェルデンクライス博士が日本に還したかった技法は丹田のコントロールだったのでしょう。
フェルデンクライスのレッスンで行う特殊な起き上がり方の風の形咳をしたり唾を飲み込む呼吸法なども丹田をコントロールする練習ための体系なのですね。

だから、モーシェ・フェルデンクライスは武術のインタビューで生徒達に丹田の使い方を教えていると言っていたのでしょうね。

丹田の動きが身体の使い方と心の働きの両面を表していることがフェルデンクライス博士の伝えたかった精力善用の言葉の意味なのだと思います。
それが自己の力つまり potent self であると言いたいのでしょう。


丹田のコントロールというものはね、ある自己の使い方から別の使い方に切り替えるときの身体の最も適切な状態だ。

丹田のコントロールは言わば、活動している身体のニュートラルギアなんだよ。

私達がしようとする他のどんなことでも、体と心を最大限に生かして使うやり方で行いたいのなら、私達はこの状態を通過するものなんだ。

by モーシェ フェルデンクライス

第17章:丹田のコントロールの目次

[ 第17章−7:自分の中にある能力から始めること

[ 第17章−8:斧を振り下ろす動作]

[ 第17章−9:息を吐き出しながら下腹部を膨らます

[ 第17章−10:頭のニュートラルな位置を見つける

[ 第17章−11:下腹部と呼吸の連動

[ 第17章−12:丹田の呼吸の生理]

[ 第17章−13:楽に椅子の上に立ち上がれるか?]

[ 第17章−14:丹田のコントロールはなぜ重要なのか?]

[ 第17章−15:可逆性を使って椅子の上に楽に立ち上がる]

[ 第17章−16:性行為との関連性]

[ 第17章−17:肛門括約筋の観察]

[ 第17章−18:正確な丹田コントロールの状態]

[ 第17章−19:丹田コントロールを学ぶ障害となる点]

[ 第17章−20:股関節の可動性を誘導現象で向上するFI]

[ 第17章−21:誘導現象とストレッチの違い]

[ 第17章−22:丹田は身体の根本原理である]

[ 第17章−23:腹の特別な3点

[ 第17章−24:脚の正確な配置を見つける]

[ 第17章−25:立位で頭のニュートラルな位置を見つける]

[ 第17章−26:丹田を回転させる]

[ 第17章−27:丹田を使って椅子に座る]

『自己の力∨精力善用』第39号
『第17章:丹田のコントロール③』より

フェルデンクライス・ライブラリー
『自己の力・精力善用』
お申し込みはこちらから
フェルデンクライス ライブラリー バックナンバー

scan4.jpg

 | フェルデンクライス 実践

丹田と骨盤と頭の関係

2011年10月25日
古き日本では丹田は同義的に使われていました。フェルデンクライス
博士は第二次世界大戦前の古い日本文化に属していますから、は古い日本語の概念で使っていると思います。

もちろん、ヤナイのレッスンでは丹田と言う言葉で説明しています。
そこでは丹田について

Tanden is one of the foundations of faith in every faith.」

と語っています。


さて、いよいよ丹田コントロールの実践に入ります。
フェルデンクライスが学んだ日本の伝統的身体技法の謎が明かされて、どのようにやればいいか分ることでしょう。

まず全体的なビジョンをはっきりさせるために、丹田と骨盤と頭の構造的配置を最適化するための説明がされます。

頭は水に浮かぶコルクのような滑らかさで自由に浮かぶものなんだよ。

環椎(第一頚椎、背骨の一番上の部分)は骨盤から上の方の身体のどこでも随意緊張がないまま頭が立位でバランスを保たれているときに

背骨を通って上がって来た水流の噴出が頭蓋骨にぶつかる頭蓋骨の天辺の点の方向に常に指し示すべきなんだ。

by モーシェ フェルデンクライス


これを実現するために目の使い方を学びます。

丹田のコントロールは自律神経系のコントロールでもあります。
後は実践です

この内容から先はヤナイのレッスンにものっていませんから、ここだけの秘密です!
冗談はさておき、ここにフェルデンクライス・メソッドの根本的なレッスンがあるのは本当です。
ここから始まったわけですね。

始まりに究極があったりします。みなさんとともに始まりに遡ってきました。

いよいよラストスパートですね。

秘密の扉を開けるのはみなさんです。
最後までお楽しみください


『自己の力∨精力善用』第38号
『第17章:腹と骨盤と頭』より

フェルデンクライス・ライブラリー
『自己の力・精力善用』
お申し込みはこちらから
フェルデンクライス ライブラリー バックナンバー
tanden.jpg

 | フェルデンクライス 実践

体を丸める様々なやり方

2011年8月29日
今回はフェルデンクライス メソッドの実際のレッスンの動きの意味を解説します。

例えば、背骨をまげて体をまるめるためだけでも、
フェルデンクライス メソッドでは様々な技法があります。

lift legs and hips.jpeg

この図だけではヨガやストレッチなどでやっていることと違いは分らないと思います。

実際には何をしているのかの説明が必要ですよね

レッスンの意味を今までなんで誰も説明しようとしなかったのでしょうね?



ここにはだれにも教わったことがないことが書いてあるかもしれません。

実際のATMレッスンの個々の動作の意味と意図が今回の内容です

フェルデンクライスでは体を丸めていく動作の過程に注目して、生理的反射誘導そして心理的動機さらに心の使い方イメージトレーニングを使って体を丸めやすくすることを学ぶことができます。

読んでみれば、レッスンを終えて立ち上がると姿勢が自然に良くなる理由が分るでしょう

モーシェ フェルデンクライス博士自身によるフェルデンクライスのレッスンの分析で、「そういうことだったんだ」と感動してもらえたら嬉しいです




『自己の力∨精力善用』第32号
『第15章:背骨を丸めるための様々技法②』


第15章:背骨を丸めるための様々技法②の目次

[第15章−15:下腹部と呼吸のリズムで体を丸め易くする

[第15章−16:体のかたさと心理的動機の関係を見つけることで丸め易くする

[第15章−17:呼吸と伸筋と屈筋の関係で丸め易くする

[第15章−18:筋誘導効果で丸め易くする

[第15章−19:寄生的な動機を抑制することで丸め易くする

[第15章−20:両脚の動きを分化させることで丸め易くする

[第15章−21:身体感覚を想起することで丸め易くする

[第15章−22:背中の伸筋群の誘導効果を観察して書き留める]


フェルデンクライス・ライブラリー
自己の力・精力善用
お申し込みはこちらから
フェルデンクライス ライブラリー バックナンバー





 | フェルデンクライス 実践

学ぶというアート

2011年8月28日
学び方を学ぶとはどういうこと?

学ぶっていったい何を学ぶということなの?

学びのアートとは?

いよいよ佳境に入ってきました
今回の内容はフェルデンクライス メソッドの技術の説明です。

フェルデンクライス・メソッドがどのような戦略をもって身体動きから心の問題を同時に扱うのかが分ります。

外科的治療精神分析フェルデンクライス・メソッドの比較をして、フェルデンクライスがどのような技術を使うのか鮮明になります。

次回は具体的なレッスンを上げて個々の動きの意図を説明して、この技術体系が実際のレッスンにどのように使われているのかを結びつけます

こういうことなんだ!って思うと思います

さらに、対象となる人は学ぶというアートを学ぶ、これはあらゆる働きに応用できるのだ。

そして、得られたコントロールは、いったん普段の振る舞いに統合されれば、

まったく特別な注意と関節のエクササイズをしなくても効果的に残るものだ。

 by モーシェ フェルデンクライス



『自己の力∨精力善用』第31号
『第15章:フェルデンクライスの手法①』


第15章:フェルデンクライスの手法①の目次

[第15章−1:着手の仕方

[第15章−2:環境と心と体の機能上の統一体に呼びかける

[第15章−3:ある十二指腸潰瘍の人]

[第15章−4:どのように姿+勢形成されたのか

[第15章−5:治療経過と成熟]

[第15章−6:心理分析から姿勢改善

[第15章−5:治療経過と成熟]

[第15章−7:学びの統合あるいは移行は学習能力次第

[第15章−8:身体行動から始める理由

[第15章−9:フロイトの業績を効率よく使うために]

[第15章−10:フェルデンクライスの手法

[第15章−11:フェルデンクライスの手法の特徴

[第15章−12:強迫性で厳格な道徳規範を忠実に守る人]

[第15章−13:呼吸のあらゆる可能性:呼吸法のレッスンの意味

[第15章−14:フレームの再教育という方法論]

フェルデンクライス・ライブラリー
『自己の力・精力善用』
お申し込みはこちらから
フェルデンクライス ライブラリー バックナンバー





 | フェルデンクライス 実践

フェルデンクライスの動作の意味の解説

2011年8月22日
フェルデンクライス メソッドの実践で扱ったの動作の意図と意味の解説が続きます。

実践で全身のフィーリングと感覚を徹底的に見直す改革に着手します!

読んでみれば、このレッスンこそ、その後、千とも二千とも言われる数多くのフェルデンクライス・メソッドのレッスンの原点であることが推測できます。

フェルデンクライス・メソッドのレッスンは単一の動機を得る方法なわけですね

head up.jpg

『自己の力∨精力善用』第29号『第14章:最初のオーバーホール①』。

第14章:最初のオーバーホール①の目次

[第14章ー1:レッスンを繰り返した後の変化]

[第14章ー2:得た単一動機を活動の他の面に広げる]

 | フェルデンクライス 実践

フェルデンクライスの実践

2011年8月21日
マットを用意してください!待ちに待った
フェルデンクライス メソッド Awareness Through Movement
動作の意図と意味の解説です

これまで多くの方にとって疑問だったこと、つまり、

なんでその動きをするのか?

が明確になってくることでしょう

この動作の意図と意味の解説から始まります。

head up.jpg図では単純な姿勢に見えるこの動作に多くの意味があることが分ります。
そして、この単純な動作をすることから交差性動機の中から単純で単一の動機を生じさせることの理解されるでしょう。

やがて行動のますます微かな違いを感じることで識別することを学び、
存在する動機のただ一つを指揮することができるようになる。

同時に、人は習慣でつまり、この状況で寄生的で不必要な習慣で設定された認識されていない動機に気づくようになる。

その結果、人は単一に動機づけられた行為を生じることがどんな感じか学ぶのだ。

byモーシェ・フェルデンクライス

きっと「ここまで忍耐強く読んできて良かった」と思うと思いますよ



『自己の力∨精力善用』第28号『第13章:意のままに使える手段/実践編②』。

第13章:意のままに使える手段/実践編②の目次

[第13章ー15:空間方向付けの行為で伸筋群を最も完全に除去することの実例]

[第13章ー16:拮抗筋の誘導現象]

[第13章ー17:頭の配置の改善のメカニズム]]

[第13章ー18:ひょっとしたらあなたの例?]

[第13章ー19:単一に動機づけられた行為が生じることを学ぶ]

[第13章ー20:実践における注意点]

[第13章ー21:警告]

[第13章ー22:骨盤が発動力なんだ]

[第13章ー23:正しい行動には頭と骨盤のコントロールが不可欠

[第13章ー24:性行為と不安感との関係

[第13章ー25:起き上がり座る動作へ]

§意志と筋緊張

[第13章ー26:想像力意志力

[第13章ー27:被暗示性と筋緊張]

[第13章ー28:EUTONYユートニー

[第13章ー29:完全な弛緩状態]

[第13章ー30:姿勢を学ぶこと]

 | フェルデンクライス 実践

想像の力

2011年8月20日
いよいよ、フェルデンクライス博士は自分の動機づけを管理運営する手順を説明してくれます。交差性動機を単一の動機にする手順つまりフェルデンクライス メソッドのやり方です。

フェルデンクライスではイメージトレーニングを多用しますが、なぜそして何のために使っているのかが明確になります。フェルデンクライス博士が最初にイメージトレーニングのやり方を体系づけたと言われる理由も分ると思います。

そして、フェルデンクライス メソッドのATMやFIの技術で最初に使われること、つまり

まず、すでに身につけてしまった欠陥のあるセルフコントロールを使わないように抗重力筋群をできるだけ緩めた姿勢から始めて、識別能力を増すために努力を減らす

ことの理由を詳細に説明してくれています。

次回はじゃあ具体的にどうするのか?つまりATMのレッスンの解説です。お楽しみに!


第13章:意のままに使える手段/想像力①27号の目次

[第13章−1:感情と思考と身体行動の関係

[第13章−2:左右という概念]

[第13章−3:読み書きとイメージトレーニングの本質

[第13章−4:退行と抵抗]

[第13章−5:乳児学習初期段階]

[第13章−6:意のままにできる度合い]

[第13章−7:気管支喘息]

[第13章−8:条件反射テクニック

[第13章−9:プラシボー効果ではない低次中枢の連鎖反応]

[第13章−10:自律神経訓練法

[第13章−11:無意識の使い方を学ぶ]

[第13章−12:動機付けの在庫を管理運営する]

[ 第13章−13:だから抗重力筋を完全に緩めた状態で始める]

[第13章−14:ウェバー・フェヒナーの法則(Weber-Fechner's law)]

 | フェルデンクライス 実践

不安と安心

2011年1月19日
フェルデンクライス・ライブラリーより『自己の力』第15号『第7章:報酬と罰』について

 今回は幼少期のしつけや教育がどのように不安感を生み出すのかを具体例を交えて説明します。

絶対的な正義や客観的な正しさなど存在しないことを示して、都合に合わせた臨機応変の基準しかないことを明らかにします。教わったことしつけられたことが実際はどうなのかを検証して確かめることで不安感などの過去の制約から脱却する可能性を教えてくれます。

親子関係は昔もそして今も多くの人にとって悩みの元だったりしますよね(^^;)

フェルデンクライス・メソッドの先生ならば
この方法論のターゲットとする領域がこここまで及んでいる事をきちんと理解できるように説明する必要があるんじゃないかなって思います。その説明を自分のために役立てられる人って多いと思いますし、注意を向けないと変わらないことってあると思いますからね。

せっかくフェルデンクライス・メソッドにはどのようにやるのかという実践があるのに、気づかないとみんなそれに目を向けないみたいなんですそれが昔から言われている「口訣や秘訣はまつげの先にある」という言葉の意味なのかもしれないけどね(笑)

安全性を失うことは実際の罰の痛みよりもずっと大きな苦悩なんだ。
The Potent Self モーシェ・フェルデンクライス


今回の内容の目次

[第7章-1:行動と気分の結びつきの起源]

[第7章-2:身体緊張と安心感絶望感の結びつきの起源]

[第7章-3:精神分析学]

[第7章-4:ゲシュタルト・セラピー]

[第7章-5:罰による自己調整と感情行動障害]

[第7章-6:脅しの弊害]

[第7章-7:脅しで生まれた罪悪感の例]

§ 絶対主義と御都合主義

お申し込みはこちらから
フェルデンクライス ライブラリー バックナンバー

 | フェルデンクライス 実践

にほんブログ村 健康ブログ フェルデンクライスメソッドへ
にほんブログ村
RSS2.0