僕は君の思い出の中の忘却の片隅にいる他の先生達に加わろう

2012年3月 1日
フェルデンクライスの個人セッションを受けたことがありますか?
現在は多くフェルデンクライスを実践している人がいますから、フェルデンクライスの個人セッションを受けることができる機会が増えました。

でも、いったいフェルデンクライスの個人セッションはどのように考えてやっているのでしょう?
創始者がどのように考えて個人セッションをしていたかを知りたい方に今回の内容は特にオススメします。

モーシェ ・フェルデンクライス博士自身が自分が実際の個人セッションをどのようにするのか
を語りとその説明をしてくれます。

そして、クライエントとの対話はドラマチックで感動的です。
ある人の成長の物語としても楽しめます。

個人の問題に対処するフェルデンクライスの方法論の効果のすごさがわかりますよ。
そして、ここまで考えて入っていくのかと改めて感心させられます。


読むとフェルデンクライス博士がクライアントにどのようにカウンセリングをして、フェルデンクライスの個人セッションをどのように展開していったのか分かってくると思います。

本書の内容をどのように実際の治療教育に使うのかがはっきりとすることでしょう。具体的で説得力がある内容です。


君は僕になんの恩義もないし、僕は君が読むことや算数を学んだのと同じく、君が君のレッスンを学ぶことを望んでいる。
僕は君の思い出の中の忘却の片隅にいる他の先生達に加わろう。

by モーシェ ・フェルデンクライス

mf_fi.jpg

『自己の力∨精力善用』
第41号『第18章:フェルデンクライスの治療教育の実際① 』
の目次

§交差性動機をほどく

[ 第18章−1:認められたいという思い

[ 第18章−2:強迫的な習慣の確立]

[ 第18章−3:K.L氏の履歴]

[ 第18章−4:K.L氏の態度]

[ 第18章−5:K.L氏の強迫性]

[ 第18章−5:K.L氏の環境]

[ 第18章−5:K.L氏の抱える問題]

[ 第18章−6:K.L氏の交差性動機]

[ 第18章−7:古いパターンから新しいパターンへの切り替え]

[ 第18章−8:可逆性と丹田のコントロールを使う

[ 第18章−9:妻との関係]

[ 第18章−10:洞察]

[ 第18章−11:改善のサイン]

[ 第18章−12:対話と気づき]

[ 第18章−13:先生からの自立

[ 第18章−14:尊重

[ 第18章−15:精力善用




フェルデンクライス・ライブラリー
『自己の力・精力善用』
お申し込みはこちらから
フェルデンクライス ライブラリー バックナンバー

フェルデンクライスの個人セッションのお問い合わせは
こちらからメールでフェルデンクライス・ワークス 自由が丘 得豊合堂

 | フェルデンクライス レッスン


フェルデンクライスのレッスンなら→
フェルデンクライス レッスン 情報へどうぞ!

バックナンバーのお申し込みはこちらから
フェルデンクライス ライブラリー バックナンバー

フェルデンクライス個人セッションのご予約はこちらから

幼児期の感情パターンに気づく方法

2011年8月30日
フェルデンクライス メソッドの実際のレッスンの動きの意味と意図の解説します。そして、これはフェルデンクライスのプラクティショナーに向けた説明でもあります。

たぶんこれを読まないとほんとうにはフェルデンクライス メソッドは理解されないでしょう

動作でどのように幼児期の感情パターンに気づくことができるのかということ、それが心理分析より有効である点を説明しています。

さらに、学び方の手順を明らかにして、臍下丹田の機能にまで及びます。
これで、フェルデンクライス メソッドの実際のレッスンの意図がはっきりとするでしょう。

当たり前ですが、フェルデンクライス メソッドは単に柔軟性を得るためにやるのでもなく、気持ちが良いからやるのでもないのです。一見その場の思いつきでレッスンが進行しているかのように思うかもしれませんが、考えぬかれた戦略が存在することがわかるでしょう。

そして、フェルデンクライス博士はフェルデンクライス メソッドの先生の役目を次のように語ります。

生徒達の
 
(1) 意志の努力を減らし

(2) 疑いと躊躇を何処かに吹き飛ばす自己の明晰な知識と実行能力をもたせながら、生徒達の識別する能力をたちまち成長させる


ように、 この体験を十分な段階を踏んだ方法で秩序立てて提供しなくてはならない。



『自己の力∨精力善用』第33号
『第15章:幼児期の感情パターンに気づく方法③』


第15章:幼児期の感情パターンに気づく方法③の目次

[ 第15章−23:精神の指示コントロール能力はっきりと考える能力が向上する]

[第15章−24:幼児期の感情パターンに気づく新しいやり方]

[第15章−25:フェルデンクライス・メソッドは何をしているのか?

[第15章−26:フェルデンクライスのプラクティショナーなら感知できること

[第15章−27:フェルデンクライスのプラクティショナーがすべての発見を語らない理由

[ 第15章−28: 頭寒足熱]

[ 第15章−29: 次の段階は可逆性を学ぶこと

[ 第15章−30:可逆性のチェックの実践]

[ 第15章−31: フェルデンクライスのプラクティショナーの役目

[第15章−32: 可逆性のチェックのやり方]

フェルデンクライス・ライブラリー
『自己の力・精力善用』
お申し込みはこちらから
フェルデンクライス ライブラリー バックナンバー

 | フェルデンクライス レッスン

体を丸める様々なやり方

2011年8月29日
今回はフェルデンクライス メソッドの実際のレッスンの動きの意味を解説します。

例えば、背骨をまげて体をまるめるためだけでも、
フェルデンクライス メソッドでは様々な技法があります。

lift legs and hips.jpeg

この図だけではヨガやストレッチなどでやっていることと違いは分らないと思います。

実際には何をしているのかの説明が必要ですよね

レッスンの意味を今までなんで誰も説明しようとしなかったのでしょうね?



ここにはだれにも教わったことがないことが書いてあるかもしれません。

実際のATMレッスンの個々の動作の意味と意図が今回の内容です

フェルデンクライスでは体を丸めていく動作の過程に注目して、生理的反射誘導そして心理的動機さらに心の使い方イメージトレーニングを使って体を丸めやすくすることを学ぶことができます。

読んでみれば、レッスンを終えて立ち上がると姿勢が自然に良くなる理由が分るでしょう

モーシェ フェルデンクライス博士自身によるフェルデンクライスのレッスンの分析で、「そういうことだったんだ」と感動してもらえたら嬉しいです




『自己の力∨精力善用』第32号
『第15章:背骨を丸めるための様々技法②』


第15章:背骨を丸めるための様々技法②の目次

[第15章−15:下腹部と呼吸のリズムで体を丸め易くする

[第15章−16:体のかたさと心理的動機の関係を見つけることで丸め易くする

[第15章−17:呼吸と伸筋と屈筋の関係で丸め易くする

[第15章−18:筋誘導効果で丸め易くする

[第15章−19:寄生的な動機を抑制することで丸め易くする

[第15章−20:両脚の動きを分化させることで丸め易くする

[第15章−21:身体感覚を想起することで丸め易くする

[第15章−22:背中の伸筋群の誘導効果を観察して書き留める]


フェルデンクライス・ライブラリー
自己の力・精力善用
お申し込みはこちらから
フェルデンクライス ライブラリー バックナンバー





 | フェルデンクライス レッスン

にほんブログ村 健康ブログ フェルデンクライスメソッドへ
にほんブログ村
RSS2.0