僕は君の思い出の中の忘却の片隅にいる他の先生達に加わろう

2012年3月 1日
フェルデンクライスの個人セッションを受けたことがありますか?
現在は多くフェルデンクライスを実践している人がいますから、フェルデンクライスの個人セッションを受けることができる機会が増えました。

でも、いったいフェルデンクライスの個人セッションはどのように考えてやっているのでしょう?
創始者がどのように考えて個人セッションをしていたかを知りたい方に今回の内容は特にオススメします。

モーシェ ・フェルデンクライス博士自身が自分が実際の個人セッションをどのようにするのか
を語りとその説明をしてくれます。

そして、クライエントとの対話はドラマチックで感動的です。
ある人の成長の物語としても楽しめます。

個人の問題に対処するフェルデンクライスの方法論の効果のすごさがわかりますよ。
そして、ここまで考えて入っていくのかと改めて感心させられます。


読むとフェルデンクライス博士がクライアントにどのようにカウンセリングをして、フェルデンクライスの個人セッションをどのように展開していったのか分かってくると思います。

本書の内容をどのように実際の治療教育に使うのかがはっきりとすることでしょう。具体的で説得力がある内容です。


君は僕になんの恩義もないし、僕は君が読むことや算数を学んだのと同じく、君が君のレッスンを学ぶことを望んでいる。
僕は君の思い出の中の忘却の片隅にいる他の先生達に加わろう。

by モーシェ ・フェルデンクライス

mf_fi.jpg

『自己の力∨精力善用』
第41号『第18章:フェルデンクライスの治療教育の実際① 』
の目次

§交差性動機をほどく

[ 第18章−1:認められたいという思い

[ 第18章−2:強迫的な習慣の確立]

[ 第18章−3:K.L氏の履歴]

[ 第18章−4:K.L氏の態度]

[ 第18章−5:K.L氏の強迫性]

[ 第18章−5:K.L氏の環境]

[ 第18章−5:K.L氏の抱える問題]

[ 第18章−6:K.L氏の交差性動機]

[ 第18章−7:古いパターンから新しいパターンへの切り替え]

[ 第18章−8:可逆性と丹田のコントロールを使う

[ 第18章−9:妻との関係]

[ 第18章−10:洞察]

[ 第18章−11:改善のサイン]

[ 第18章−12:対話と気づき]

[ 第18章−13:先生からの自立

[ 第18章−14:尊重

[ 第18章−15:精力善用




フェルデンクライス・ライブラリー
『自己の力・精力善用』
お申し込みはこちらから
フェルデンクライス ライブラリー バックナンバー

フェルデンクライスの個人セッションのお問い合わせは
こちらからメールでフェルデンクライス・ワークス 自由が丘 得豊合堂

 | フェルデンクライス 個人セッション

にほんブログ村 健康ブログ フェルデンクライスメソッドへ
にほんブログ村
RSS2.0