ボディイメージと脳

2011年2月 1日
フェルデンクライス・ライブラリーより『自己の力』第19号『第9章:心と体/神経系の生理学②:』について

心と体のことをもっと知りたくて、分りやすそうな図解入りの本を手にしてみたことがありませんか?

簡単そうだなって思って読んでみると、確かに分りやすいけど、本当に知りたいことは分らないままで終わってしまった経験はありませんか?

こんな経験がある方は特に今回のフェルデンクライス博士の説明に感動すると思いますよ

今回の内容は単なる情報を実践できる知識へ変える方法を学ぶの解剖学と生理学です。きちんとした神経系の説明から始まり、抽象思考がどのように形成されるのか説明してくれています。頭の回転が良いってどういうことか分りますね。


第9章:心と体/神経系の生理学②の目次

[第9章-6:ー中枢神経系の解剖学]

[第9章-7:人間の神経細胞の数は一定だが重さが増加する]

[第9章-8:神経系の階層機能]

[第9章-9:機能の局在化]

[第9章-10:人間のの解剖構造は個人の歴史の影響を受けている]

[第9章-11:神経系の働き]

[第9章-12:個体調節能力とプリセットパターン]

[第9章-13:神経の働きと筋肉の仕組みのアナロジー]

[第9章-14:持続緊張性と随意緊張性]

[第9章-15:反射行動と人間で明確な行動のアナロジー]

[第9章-16:ボディイメージと抽象思考の形成]

お申し込みはこちらから
フェルデンクライス ライブラリー バックナンバー

 | フェルデンクライス 脳

にほんブログ村 健康ブログ フェルデンクライスメソッドへ
にほんブログ村
RSS2.0