性と自己主張と自律神経

2011年8月31日
フェルデンクライス メソッドの秘密の知識に関する説明となります

秘密なので多くは書けません(^_-)-☆



『自己の力∨精力善用』第34号
『第16章:第16章:生理機能と社会秩序①』

第16章:生理機能と社会秩序①の目次

[ 第16章−1:環境条件を考えることの大切さ]

[ 第16章−2:劣等感の成立条件]

[ 第16章−3:と争い]

[ 第16章−4:と自己主張]

[ 第16章−5:と自己主張と交感神経]

[ 第16章−6:自律神経系の拮抗作用]

[ 第16章−7:セルフコントロールとは自律神経のバランスコントロールのことだ]

[ 第16章−8:性行為と副交感神経]

[ 第16章−9:自律神経系の誘導現象]

[ 第16章−10:自律神経系のバランスのくずれ]

[ 第16章−11:自律神経系の内臓器官への分布]

[ 第16章−12:自律神経系をコントロールすることを学ぶ]


フェルデンクライス・ライブラリー

自己の力・精力善用
お申し込みはこちらから
フェルデンクライス ライブラリー バックナンバー

 | フェルデンクライス リラックス


フェルデンクライスのレッスンなら→
フェルデンクライス レッスン 情報へどうぞ!

バックナンバーのお申し込みはこちらから
フェルデンクライス ライブラリー バックナンバー

フェルデンクライス個人セッションのご予約はこちらから

動機と行動/動機の分類

2011年1月13日
フェルデンクライス・ライブラリーより『自己の力』第7号
「第3章:動機と行動/動機の分類』について
 

認識できる動機と認識しにくい動機を(脳)生理学的観点で説明しています。

認識できる行動⇒緊張が身体の特定部分に局在

認識していない行動⇒緊張が身体に広く分布⇒反射行動∨自動化(習慣)行動

例えば、不安感や無気力感は身体の特定部分に緊張が局在するものではないから、軽減策を見つけることが難しいことが説明されます。

そして気づきが必要なことがわかります。

次回の第3章は条件反射や神経症の脳機能についての実験の考察が解説されていきます。
ここで何を区別しているのかじっくりと取り組んでいただくことが次回の内容の理解につながると思います。

不安感はこのような様々な方法で身体のとても多くの異なる部位に関連して引き起こされ得るし、あまりにも各人各様で、同じ人でも時間経過であまりにも異なり得るので、不安感に関連した緊張を認識することはいつも簡単ではない。
それゆえ、気づきが始まらないと、私達は自分の中に起きていることに気づかないことだけでなく気づかないこと自体にも気づいていないことを信じることはとても難しい。

....この緊張感を見分けることができることがとても重大になるわけだ。

The Potent Self by モーシェ フェルデンクライス


今回の内容の目次

[第3章-1:必要不可欠な行動は身体に限定された緊張として感じる]

[第3章-2:認識しにくい緊張感]

[第3章-3:三種類の動機

[第3章-4:認識していない動機と反射による動機を区別する実験]

[第3章-5:反射による動機と言えない習慣による認識されていない動機がある]

[第3章-6:認識されていない行動は反射行動と習慣化行動とこれらの境界領域行動に分けられる]

姿勢と心理学

 | フェルデンクライス リラックス

にほんブログ村 健康ブログ フェルデンクライスメソッドへ
にほんブログ村
RSS2.0