目的は自分が本当に望んでいることは何かを発見すること

2012年2月 9日
フェルデンクライスによる丹田の使い方は自分が本当に望んでいることは何かを発見することにつながるということ、つまり

丹田の使い方の実践をどのように心の領域に生かしていくのかの説明となります。
そして、実践法です。

そして、年齢の問題と個人と全体のどちらが重要なのかという議論も展開します。

フェルデンクライスの特に個人セッションで、レッスンの最後に立ち上がらせる動作を誘導することが多いのですが、なぜそうするのかという本当の理由が分ることでしょう。

椅子やベットから立ち上がることにこんな意味があったのか!っときっと驚くと思いますよ
意図や理由が明確になるとさらにレッスンの効果が上がると思うのです。

78932544.jpg

目的は自分が本当に望んでいることは何かを発見することだ。
by モーシェ フェルデンクライス

丹田のコントロールが起きるときのあらゆる自発的な正しい行動の中に知る普遍的な態度を引き出すことができると感じられる。

ミュージシャン、ダンサー、そして表現の手段として筋肉の技量を使う一般の人達は
下腹部のコントロールを体系的に使うことで、自分の学習期間が相当短くなり、さらに技のレベルが自分が目指すことができるレベルまで高められることが分るだろう。


by モーシェ フェルデンクライス

『自己の力∨精力善用』第40号『第18章:小さな哲学』の目次。

[ 第18章−1:丹田のコントロールを使って動機を単純にする

[ 第18章−2:自分が本当に望んでいることを見つけること

[ 第18章−3:自己主張と自己放棄

[ 第18章−4:自己の領域

[ 第18章−5:自己コントロールと放棄

[ 第18章−6:椅子から立ち上がる

[ 第18章−7:丹田のコントロールのシステム


フェルデンクライス・ライブラリー
『自己の力・精力善用』
お申し込みはこちらから
フェルデンクライス ライブラリー バックナンバー


 | フェルデンクライス 丹田

にほんブログ村 健康ブログ フェルデンクライスメソッドへ
にほんブログ村
RSS2.0