正しい姿勢は何もしないことで手に入る

2011年3月10日
フェルデンクライス・ライブラリー『自己の力∨精力善用』第26号『第12章:正しい姿勢は何もしないことで手に入る』について

正しい姿勢について、フェルデンクライス博士は明確に結論づけます。
さらに、レッスンをするにあたっての注意事項を細かく説明します。


随意的にコントロール可能な筋肉群と関節群のそれぞれを正しく認識し修正することで、

そしてこの結果生じる私達が昔は気がつかなかった特定の行為をしない能力で、

身長は伸び、より真っすぐになり、関節群と背骨と頭は理想的な配置に向かう。

身体がますます軽く感じて、ついには空中を歩いているような感じがするものだ。

モーシェ フェルデンクライス



理想的な立っている姿勢は自分に何かすることで得られるものではなくて、
むしろ文字通り何もしないことで手に入るのだ。

モーシェ フェルデンクライス

そして、フェルデンクライスのレッスンで起きる新しい行動モードへの準備と変化を持続するために、具体的な事柄を説明します。

以外に感じる方もいるかもしれませんが、レッスン前にしておくべき便秘の対処法まで説明しています。



第12章:正しい姿勢は何もしないことで手に入るの目次

[第12章−6:交差性動機を取り除くと理想的な骨格配置になる]

[第12章ー7:正しい姿勢と間違った姿勢]

[第12章−8:不適切な姿勢は遺伝ではない]

[第12章ー9:悪い姿勢の原因]

[第12章−10:意志は姿勢を正さないが、外見を変える]

[第12章ー11:ある少女の例]

[第12章ー12:新しい行動モードへの準備と変化を持続する支え]

[第12章−13:足のケア]

[第12章ー14:便秘の対策]

[第12章ー15:食習慣の改善]

[第12章ー16:匂いの対策]

[第12章ー17:より良いコントロールと連動性を学ぶ]

フェルデンクライス ライブラリーの詳細とお申し込みはこちらを御覧下さい。
→ フェルデンクライス ライブラリー バックナンバー


 | フェルデンクライス 姿勢


フェルデンクライスのレッスンなら→
フェルデンクライス レッスン 情報へどうぞ!

バックナンバーのお申し込みはこちらから
フェルデンクライス ライブラリー バックナンバー

フェルデンクライス個人セッションのご予約はこちらから

正しい姿勢の四つの法則

2011年3月 6日
正しい姿勢には4つの特徴があることをフェルデンクライス博士は見つけます。

1努力の不在 

2抵抗の不在 

3可逆性の存在 

4呼吸の指標

動作をするときに、この4つの法則に注意します。
この法則を使って正しい姿勢を学ぶわけです。

さらに、フェルデンクライス博士はときどきある

気がついてみると心の気楽さと幸福感と一般的に同時に起こる独特の状態にいる

ということを理解するために、そして自分に人間の枠組みの機能にもっと明確なイメージを与えるためには、人間の骨格の特徴と筋肉構成の機能の重要な事柄を説明しています。


フェルデンクライス・ライブラリーより『自己の力∨精力善用』第25号『第12章:正しい姿勢の4つの法則』について

第12章:正しい姿勢の4つの法則の目次

[第12章ー1:姿勢の妥当性は行動の結果に∨方法に注目するかで変わる]

[第12章−2:悪い姿勢の問題点:喘息の患者]

[第12章−3:正しい姿勢の学び方:正しい姿勢の四つの特徴(法則)]

[第12章ー4:人間の骨格の特徴]

[第12章ー5:首とふくらはぎの筋肉構成の機能]

フェルデンクライス ライブラリーの詳細とお申し込みはこちらを御覧下さい。
→ フェルデンクライス ライブラリー バックナンバー


 | フェルデンクライス 姿勢

モーシェ・フェルデンクライスの目的

2011年3月 2日
フェルデンクライス・ライブラリーより
『自己の力∨精力善用』
第24号『第11章:不安感解消への再調整②』について

ここで、モーシェ・フェルデンクライス博士は

不安を解消するためにはターゲットを明確にする必要があることを示します。 つまり、レッスンの照準をどこに合わせるのか?を明確にします。

レッスンのねらいはここまでの議論からとても明確に浮かび上がってくる。

レッスンのねらいは人に彼に与えられた態度や行動パターンを取り入れる導いた理由や出来事を意識させることではない、このような認識は彼が停止された硬直性の点から成熟過程を再始動させる助けとなるのだが。

レッスンのねらいは人に私達の社会の伝統と慣習の欠点に気づかさせることでもない、社会の伝統と慣習はしばしばかなり理性に反するし、最も早い機会に、それは常に今すぐということなんだが、一掃される必要があるのだが。

社会の伝統と慣習を一掃することは彼が自己再調整をして別の安定した配置にすることを助けることもあるが、この目標はそれでも彼を単純な松葉杖を使う代わりに素晴しい玉杖を使うチグハグな不自由な人のままにするだろう。

レッスンのねらいは自分の行動の内部で働いていることへの洞察力を人に与えることでもない、このことも大きな助けにはなるのだが。

自分の初期経験にまったく気づかない何百万人もの人々がいる。このような人達は社会のあらゆることは単純に神から与えられた完璧なことだと確信しているので、このような人達は自分の行動の内部の過程への洞察力はない。

それにもかかわらず、彼らはたじろがず、誰かの感情的な支えをまったく必要としないで、嵐の中自分の船を操縦することができる。

by モーシェ・フェルデンクライス

じゃあ、どこに照準を合わせるのか?
じっくり読んでくださいね



第11章:不安感解消への再調整②目次

[第11章ー8:成熟の三段階/不安感からの解放]

[第11章ー9:行動するときの強迫性の程度が最重要]

[第11章ー10:結果の指示でなく遂行法の指示]

[第11章−11:素晴らしさと惨めさの鍵]

[第11章ー12:再調整の目標]

[第11章ー13:発話と感情の結びつき]

[第11章ー14:機能不全の理解]

§行動を改善するために必要なこと

フェルデンクライス ライブラリーの詳細とお申し込みはこちらを御覧下さい。
→ フェルデンクライス ライブラリー バックナンバー


 | フェルデンクライス 真伝

にほんブログ村 健康ブログ フェルデンクライスメソッドへ
にほんブログ村
RSS2.0