肩甲骨の動きがないと腕は挙がらない

2010年7月14日
腕を頭の上に伸ばすときは、肩関節の動きだけでは腕を真上までに持ち上げることはできません

前鋸筋と僧帽筋によって肩甲骨を上方回旋させて始めて、さらに腕を持ち上げることができます。

これを肩甲上腕リズム(scapulohumeral rythm)と呼びます。
shoulder blade.jpg




肩甲骨が上方回旋していることは鎖骨
に触りながら、腕を挙げると確かめられ
ます!




さらに、腕を上に伸ばす場合は、脊柱をやや側屈させて片側の肋骨を広げるようにしています。




五十肩四十肩などで腕が上がりづらい方、肩甲骨エクササイズストレッチで意識してほしいポイントです!



Check it out!

肩甲骨エクササイズ









 | 肩甲骨 ストレッチ

肩こりや首の痛みを改善するために実際に肩甲骨を自由にする個人セッションを受けてみたい方は→

フェルデンクライス個人セッションのご予約フォーム

肩甲骨の滑車様運動

2010年7月13日
肩甲骨の筋肉を連動して動かすことで、肩甲骨自体は図の→方向の筋収縮で滑車様運動をします。

ここで、注意していただきたいことは回転の中心は固定されていません。

肩甲骨の自由な動きとは中心を固定しない回転運動が起きることです。

肩甲骨 エクササイズ

scapula.jpeg


 | 肩甲骨 ストレッチ

肩甲骨を自在に動かすには

2010年6月23日
肩や肩甲骨が固いからストレッチをするように勧められることはよくあることです。
でも、むりやり引っ張ってもだめです。

かえって、伸張反射という筋肉の防衛機能が働いて肩甲骨は動きにくくなってしまいます。

むりやりのストレッチは止めましょう

動かし方のこつはゆっくりとやさしくです

肩甲骨ストレッチ

 | 肩甲骨 ストレッチ

RSS2.0